世界の国旗のデザイン

デザインから学ぶ、世界のいろいろ

国旗のアイコン

国旗のパターンと三色旗の歴史

国旗は、数種類の基本的な型(パターン)で作られています。どのパターンが一番多いのでしょう?

Boederボーダー Cantonカントン Rhombus菱形 Circle円 Greek Crossギリシア十字 Symmetric Cross十字 Scandinavian Crossスカンジナビア十字 SaltireX型十字 Chevronシェブロン Pallポール(横向きのY) Pales縦三分割 Fesses横三分割 Bends斜め二分割 Bends斜めの縞 Bends斜めの縞(傾きがきつい) Bends斜めの縞(傾きがゆるやか)

正解は、三分割のパターンです。

旗を横か縦に三等分し、3つの色を塗り分けた「三色旗」が、世界の国旗で最も多く使われています。一番古くから使われているのがオランダの国旗で、16世紀にスペインから独立した際に赤(またはオレンジ)・白・青の国旗が原型となり、さまざまな国旗に影響を与えました。

NETHERLAND オランダ/16世紀、スペインからの独立戦争時に使われた旗。独立後は、海上帝国として「栄光の17世紀」を迎え、世界の貿易をリードする。赤は国民の勇気 白は信仰心 青は忠誠心を表している。プリンセン・フラー「諸侯旗」という意味の愛称。

オランダは当時、世界中でもっとも自由で商工業が盛んな豊かな国だったので、ロシアやその他の国々が三色旗を真似するようになったのだそうです。

その後、1789年に起こったフランス革命で掲げられたのが青・白・赤の、縦三色旗でした。

FRANCE フランス/1789年のフランス革命で掲げられた旗。王妃マリーアントワネットらはヴェルサイユ宮殿を追われる。そして世界は革命の時代へ…。市民革命の象徴として、世界の国旗に最も影響を与えた国旗。オランダの三色旗を参考にした。青は博愛 白は平等 赤は自由を表す。トリコロール(=三色旗)

そしてフランスの国旗となった三色旗は、「自由・平等・博愛」の象徴として知られるようになり、三色旗は自由の精神とともに、世界中の国旗に採用されるようになりました。 

下の国旗地図を見てください。ヨーロッパの中心の国々の国旗は、ほとんどが三色旗です。

三色旗を採用しているヨーロッパの国々の国旗地図

歴史的に見ると、旗はもともと、身分の高い人たちが周りに「自分がリーダーだ」と知らせるためのものでした。また中世ヨーロッパや日本の戦国時代には、王や隊長・武将の印であったり、戦場での所属を表すものとして使われていました。

「旗はそれぞれの国の印」という、軍事的な意味から離れた新しい考え方は、船舶の所属を示すための商船旗として17世紀に始まり、19世紀のはじめには根づいていたそうです。20世紀の終わり頃には、世界中の国が自分たちの国旗をデザインするようになりました。

三色旗の色に込められた意味

ヨーロッパで三色旗を採用している国々も、三つの異なる色によってそれぞれの国のアイデンティティを表しています。

ヨーロッパの国々の、三色旗に込められた意味 詳細①RUSSIA ロシア/GERMANY ドイツ/FRANCE フランス/ITALY イタリア/ROMANIA ルーマニア/NETHERLAND オランダ/BELGIUM ベルギー/HUNGARY ハンガリー/AUSTRIA オーストリア/BULGARIA ブルガリア

ヨーロッパの国々の、三色旗に込められた意味 詳細②SERBIA セルビア/SLOVAKIA スロバキア/IRELAND アイルランド/CROATIA クロアチア/MOLDOVA モルドバ/LITHUANIA リトアニア/SLOVENIA スロベニア/ESTONIA エストニア/LUXEMBOURG ルクセンブルグ/ANDORRA アンドラ

同じ色を使っていても、各国によって違う意味付けがされているのがわかります。

 

 

※この記事は2019年1月22日に一部修正・追記しました。 

 

 

Created by
chikage egawa

デザイナー / 国旗のデザインの研究記録として。2020年の東京オリンピックに向けて、世界の国旗の読み解き方やおもしろさを、デザインの視点から紹介します。